日商簿記

簿記検定(1級・2級・3級・初級)

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。
簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、コストを意識した仕事ができるとともに、取引先の経営状況を把握できるために、経理担当者だけではなく、全ての社会人に役立ちます。さらに、公認会計士や税理士等の国家資格を目指す方や他の資格・検定と組み合わせてキャリアアップを考えている方々にも必須の資格といえます。(検定の詳細は日本商工会議所のページをご覧ください。)

 

受験申し込み(1級~3級)は、古川商工会議所へ

平成29年度簿記検試験実施要綱(A4版).pdf

インターネット申し込みは、こちらへ

ページトップ